庭のデザインを依頼するなら専門業者が力になってくれる!

皆に自慢できる庭づくりに必要なこと~デザイン性を高める~

庭づくりの目的とは

庭をデザインする上で最も重要なのは使う庭なのか、見る庭なのかです。どちらかをメインに施工をすることで仕上がりは全く異なります。

見るVS使う庭の違いを徹底比較!

見る庭の場合

リビングから眺めたい、庭を見ながら家事をしたいなどが目的なら見る庭に寄せたデザインがいいでしょう。仕事や家事が忙しく庭づくりができない場合や、DIYが趣味なら、基礎部分の施工だけを専門業者に依頼し、後は好きなように自分でアレンジを加えることもできます。

使う庭の場合

飼い犬を放し飼いにしたい、子供が遊べる空間が欲しい場合などそれに見合ったデザインにするなら使うことを視野に庭づくりをしましょう。ガーデンルームやデッキメインにすれば、庭いじりが楽しくなります。

庭のデザインを依頼するなら専門業者が力になってくれる!

ガーデン

庭のデザインで必要なこと

好きなアイテムや植物をただ配置するだけでは、庭全体のデザインを損なうためNGです。デザインをする時に大切なのは、庭を使う人を考えることです。これを元にベンチの配置が決まり、さらには、テラスや園路も使い勝手のいい仕上がりになります。

婦人

視線対策のコトも考える

庭を素敵に変身させることだけが目的ではありません。近年業者にも問い合わせが殺到している目隠しフェンスの活用も視野に入れましょう。通行人の視線を感じることなく、庭でゆったり過ごすことができます。ただし、背の高いフェンスは圧迫感を与えかねないため、専門業者では植木を混ぜつつおしゃれで開放的になるよう設置します。

庭

庭づくりの基本的流れ

庭のデザインを専門業者へ依頼する場合は、問い合わせ、現地調査、提案や打ち合わせ、契約を順番に行っていき、工事を開始します。また、完成後は業者が責任をもってアフターケアにあたります。

自分の要望をしっかり伝えよう

こういう庭にしたい、自分の考えたデザインを叶えてほしいなど、打ち合わせの時点でしっかり伝えることが重要です。また、疑問がある場合も積極的に質問しましょう。